ブログ百物語

冥王星が準惑星に降格!

冥王星の地下に氷の地盤?NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」の冥王星観測データのまとめが、米国科学雑誌「サイエンス」掲載されました。それによると、冥王星の地盤はかなり硬い氷で出来ており、大気は地球の1/10程度とかなり低いことなどが判ったそうな。
冥王星はアメリカ人天文学者トンボーによって1930年に発見された天体。
今回トンボーの遺灰の一部がニューホライズンズに載せられたんだとか。
アメリカ人が発見した星をアメリカが探査する。冥王星冥利に尽きます。

それはそうと地球から48億km、10年近くにおよぶ旅路の末、遙々冥王星くんだりまで…思えば遠くへきたもんだ♪因みに小惑星イトカワからご帰還の無人探査機「はやぶさ」は往復50億kmのサンプルリターンの旅。帰り道迷子になり、太平洋ならぬ太陽系ひとりぼっちだったっけ…

冥王星と言えば、2006年(ニューホライズンズが地球を飛び立ったのも奇しくもこの年)に惑星から準惑星に降格?(降格とは失敬な!)となった。
冥王星の準惑星への降格を受けて衝撃が走ったのは天文学界ばかりではない。アメリカ人の嘆きはいかばかりか…ディズニーキャラクターのプルートさえ、冥王星発見の快挙にちなんで名付けられたほどなのに…ただでさえ擬人化されずに犬のまま、しかもねずみの飼い犬なのに、降格となったら野良犬になっちゃうのか…(もしもこれがグーフィーなら服を脱がされ首輪につながれ飼い犬に格下げってことか…(^^;))それは冗談として、他にも元素名プルトニウムは冥王星からいただいたものだし。
とりわけ占星術界は騒然となった。占星術において冥王星の象徴するスケールはかなり大きい。破壊と再生、生死、セックス、全か無か、絶大なる力etc.この星は個々人によりも社会全体に及ぼす影響の方が大きい。さすが冥王というだけあって人類存亡?に関わる重要な地位を占める星なのだ。

あれから早10年、冥王星の存在感は薄れるどころか益々増している。
実際降格以後、次々に新事実が明らかになっている。『冥王星型天体』への昇格あるいは昇格が待たれる冥王星の仲間がいたり、冥王星が属する『太陽系外縁天体』は発見されただけでも1000を超え、それら無数の星々に太陽系は取り囲まれていたり…と太陽系や惑星の概念を根底から覆さんばかりの発見が!冥王星はまだまだ未知の宝庫なのだ。
それに今のところ人類存亡にもさして影響はなそう。
とは言え冥王星の公転周期は何せ248年なもんだからたかだか10年くらいでは答えは出ないかぁ。人類の文化や思想、死生観と深く結びついている神秘の天体。冥王を名に負い静かに太陽系外縁を巡り続けている。

どきどきわくわく胸が高鳴る

近所の町会掲示板に気になるお知らせが貼ってあった。

“ときめき塾”。
ときめく…いい響きです。

ところで、ひらがなで書いたときめくと漢字で書いた時めくでは、実はちゃんと意味が使い分けられているんです。
ひらがなだと「どきどきわくわく胸が高鳴る」漢字だと「時流に乗ってもてはやされる」を意味するんだそうで。漢字の時めくの方は古典作品にも登場するほど古い言葉。源氏物語では、桐壷更衣『すぐれて時めき給ふ』なんて使われていたりする。時の御門(みかど=天皇)の寵愛を受けて栄えるってな意味。一方“○○めく”とは、名詞や形容詞などの後ろにくっつけると「○○な感じがする」みたいな動詞が簡単に作れちゃう便利な言葉。
例えば春めく、艶めく(つやめく)、蠢く(うごめく)、響めく(どよめく)、呻く(うめく)、ひしめく、目眩く(めくるめく)、煌めく(きらめく)、閃く(ひらめく)、慌てふためくetc.他にも古めかしい、艶(なま)めかしい、色めき立つってな合成語も。造語もできちゃう「おっさんめいた口調…」てな具合に。そんな“めく”が“時”にくっつくと…時代の風をつかみ、今めく、旬めく、当世めく…もっと平たく言えば“モテ期”来(きた)るってとこかなぁ。

いずれにせよ時めくとときめくの間には何らかの関連性があるに違いないと、と青桃は根拠無き確信を持っている。
おそらくは感情表現における文化的背景が時代を下るにつれて変容したことによるものではないかと、勝手に推測している。つまり喜びや期待を表現する必要が生まれてきたとか、あるいは恋愛という言葉が出てきたとか…だとすれば明治時代以降に答えがありそうな?時めくからときめくが何時何処でどう派生したのか、ミッシングリングが埋められたらおもしろいだろうなぁ。

兎角ときめくと言えば、青桃の場合シンデレラのかぼちゃの馬車を連想してしまう。と強引にかぼちゃに結びつけたところで「第8回せんばやしハロウィン仮装パーティー」のご案内(^^;)。
10月25日(日)午前11時~午後5時開催。チャリティーハロウィン仮装パレードをはじめ、クイズラリーアドベンチャー(※12歳以下のお子様限定)や1000ピースプロジェクトによるハロウィンゲーム大会、千林ふれあい館ではハロウィンハウスもオープン!!などイベント盛りだくさん。
詳しくは千林商店街公式facebook https://www.facebook.com/senbayashi、千林商店街公式サイトhttp://www.senbayashi.com 迄。

それはそうとときめき塾ではいったい何を教えてくれるのだろう。モテ期を迎える方法とか(^^;)。
は~や~く来~い来~いモテ期♪
それとも、ひらがな書きだから胸の高鳴り方を伝授してくれるのかなぁ。

ジャック・オー・ランタン

 

青桃だけかもしれないけれど、よく知っているようでよくわからない、ハロウィンって何だろう?
西洋文化由来の行事は大抵キリスト教掛かっているもんなんですが、ことハロウィンに関してはキリスト教とはあまり係わりがなさそう。むしろキリスト教では野蛮と忌み嫌われるアニミズム的要素が色濃い祭ですよねぇ。精霊とか魔女とかカボチャのランタンとか…

ハロウィンは元々ケルト族の古い民間信仰をルーツに持つ祭だそうな。
秋の収穫を祝うと同時に、冬の到来に備えて邪気を払う為に、仮面を付け焚き火を囲み悪霊に見立てた形代を燃やす魔除けの儀式を行う。
こうした土着の信仰はキリスト教布教の際に取り込まれるなり排除されるなりのどちらかになるはずなのだが(キリスト教は一神教なのでその辺の線引きははっきりしている。日本は多神教なので信仰にはわりと寛容。事実日本人はアニメ好きだし。←アニメもアニミズムも語源は同じなのだ。
ま、それは冗談として)。ハロウィンは一応万聖節の前夜祭の位置づけではあるが、キリスト教公式行事とは認定されていない。
飽くまで民衆行事の域を出ない。宗派によっては悪魔崇拝と見なされることも。
よってプロテスタントの英語圏(ケルト族が多く暮らすアイルランドやスコットランド、ウェールズをはじめ、英国、北米、オーストラリア、ニュージーランドetc.)ではハロウィンは盛大に祝われる。それ以外のカトリックのヨーロッパでは盛んではない。むしろ無視されているほど(^^;)。日本へのハロウィン伝来はアメリカ経由で1970年代以降。クリスマスよろしく宗教色はほぼゼロ。仮装して乱痴気騒ぎすることが目的?のイベントかなぁ。

もう一つ気になることが…ジャック・オー・ランタン。カボチャをくりぬいた例のあれ。カボチャと言えば大航海時代以降南米からヨーロッパにもたらされたもの。比較的新しいモチーフと言うことになる。ハロウィンは随分古くから風習のはずなのに辻褄が合わない。そこで青桃調べた。カボチャが登場するのはアイルランド人がアメリカに移民してからのこと。アメリカで生産が盛んなカボチャを用いるようになって現在では定番となったのだとか。以前はカブだったらしい…これで納得。
青桃的にはハロウィンと言えばドイツのジャーマンメタルバンドの大御所“ハロウィン”なんですけどね(^^;)。それはさておき、ハロウィンはともすれば日本に馴染みやすい行事なのかもしれない。日本人は古来より森羅万象を信仰の対象としてきたし、それに何となく節分の鬼とか秋田のなまはげとかに相通じるもの、感じません?
「第8回せんばやしハロウィン仮装パーティー」10月25日(日)午前11時~午後5時開催。詳しくは千林商店街公式facebook https://www.facebook.com/senbayashi、千林商店街公式サイトhttp://www.senbayashi.com 迄。

魔物は心の内に巣食うもの

先日第3次安倍改造内閣が発足しました。注目ポストとして一億総活躍相なるものが新設され、担当大臣に加藤勝信衆議院議員が任命されました。
一億総活躍社会の実現に向けて『希望を生み出す強い経済』『夢を紡ぐ子育て支援』『安心につながる社会保障』の『新3本の矢』として掲げ、一億総活躍国民会議を設置するのだそうで。

そう言えば第1次安倍内閣では“愛国心教育”、第2次安倍内閣では“アベノミクス”なるものを打ち上げましたね。
あの時も青桃頭頂にクエスチョンマークが3本ほど立ったような???今回もまたぞろ煙に巻かれたかなぁ(^^;)。

煙に巻かれたと言えば、こんな不思議なお話が。
昔々のことじゃった。青桃のママとわっこさん(ママの妹)、トキコおばあちゃん(ママの母)の3人で植物採集兼ハイキングに出かけた時のこと。
季節はちょうど今くらい秋の行楽シーズン、場所は大阪近郊の某山。
入山口の道標を頼りに3人は和気藹々と山道を登っていった。秋の紅葉を楽しみながらしばらく行くと藪が開けたちょっとした平場に出た。そこで3人は昼食を取り植物採集をした。心ゆくまで自然を満喫し、さて帰途につこうと元来た道を引き返す。
が、行けども行けどもまたしてもさっきの藪の開けた平場に戻ってきてしまう。幾度もそんなことを繰り返していくうちに3人は次第に焦りいらだってくる。魔物は心の内に巣くうとはよくいったもの。イライラがピークに達しついにわっこさん「姉ちゃん、どないなってんの!」「あんたかてついてくるばっかりやのうて考えたらどないやのん!」とママ。険悪なムードが漂ったところで、トキコおばあちゃんが一か八か全く別ルートを行ってみようと提案。そこで3人はさっきまでとはまったく正反対の山道を下り始めた。途端俄に上空が真っ黒な厚い雲に覆われたかと思うと大粒の雨が!あたかも行く手を阻むかのごとく。土砂降りに視界を遮られながらも3人は必死のぱっちで山道を駆け下った。
見覚えのある入山口に辿り着いた時には雨は嘘のようにすっかり止んで、晴れ上がる秋空に戻っていた。元来た入山口に立ち戻ってみると、なんと道標が登る際に確認した方向とは左右正反対を指していたのだ。
つまり3人は目的地とは逆の行き止まりの道を登っていったことになる。
ふとトキコおばあちゃん、わっこさんのナップザックに目をやる。「あんたこれどないしたん?」付けていたはずの身代わりお守りが引きちぎられていたとか…

後に聞いた話ではちょうどその近辺で当時中年男性が首吊り自殺を図ったんだそうで。
彷徨っていたんでしょうか、地縛霊。「美女三人も拐かそうとはなんて厚かましい~」とうちのママ。なんてど厚かましい~(^^;)。
ちなみにその時採集した萩、トキコおばあちゃん家の庭先で今年も可憐な花を咲かせております。実に元気なこってす。まるで何かに憑かれているかのごとく…

嗚呼、何てイグノーベル(恥知らずな)

今年のイグノーベル賞、寝屋川の開業医の先生が共同受賞されました。
日本人の受賞はは9年連続の快挙だそうで。ご存じイグノーベル賞とは、ユーモラスでユニーク且つナンセンスな研究に贈られる国際的な賞で、時には本家本元のノーベル賞を凌ぐ?実用性と応用力を兼ね備えた研究もあるくらい。誠に栄誉ある?賞なのである。
過去には『バウリンガル(犬語翻訳機)』や『カラオケ』の開発で日本人が受賞している。本年受賞の研究内容は…花粉症に悩む男女のカップルに30分間キスをしてもらい、前後でアレルギー反応の変化を調べるたところキスの後改善した…そうな。いくら好き同士でも30分間キスの嵐とはご苦労さんなこってす(^^;)。
いずれにせよエロティシズムで病平癒、世界平和、その上人類繁栄をはかれるとくれば、あっぱれなこっちゃ。

ところで数々の栄光の受賞研究を検証してみたところ、おばかでちーっとばかし破廉恥で失笑してしまう内容であった。時に皮肉とも受け取れるほどエスプリが利き過ぎる受賞理由もあった。これらをふまえた上で、さて青桃ならどんな研究をしましょうぞ。

『加速膨張する宇宙と男女の距離感との相関関係』なんてのはいかがでしょう。
近年宇宙が加速しながら膨張しているというのは定説となっている。加速膨張すれば分子間ひいては物体と物体との距離も遠のいていくわけだが、となると男と女の距離感にも微妙に影響が及んでいるのでは?というのが青桃が立てた仮説である。事実近年結婚しない(できない)男女や熟年離婚が急増している。ネットの出会い系なんかで男女の出会いをわざわざ求めなければならないのも、宇宙の膨張に比例して男と女の距離が離れていっているからではなかろうか。要するに時を経て空間の膨張拡散が進めば進むほど、お熱く濃密だった男女の接触も加速度的に冷めて薄まるっていくってこと(^^;)。さて、いかにして証明せんかな?
あるいは駄洒落翻訳機を開発するってのもいいかも…Oh!How Ignoble!「翻訳:嗚呼、何てイグノーベル(恥知らずな)」STAP細胞の向こうを張ってピルトタウン細胞なんてのも悪くない(^^;)。以上妄想イグノーベル賞、笑える人だけ笑といて~。。。

女に生まれて喜んでくれたのは♪

シルバーウィーク皆様いかがお過ごしだったでしょうか?長い方だと5日間。仕事忘れそう(^^;)。
休み明け早速雨模様。最近の雨と来たら土砂降りばかり。秋雨らしい情趣あふれる驟雨なんてどこへやら、いったいどうなっているんだろうこの天候。
あめふりと言えばこんな想い出が…とある親族の集いにて。まだ四つか五つかの幼い青桃を膝に乗せて戯れにおじさんが「なんか好きな歌うとてみ~」と言った。青桃徐に立ち上がると天に手のひらをかざすあのお馴染みの振りで「雨々ふれふれもっとふれ私のいい人つれて来い」と八代亜紀さんの『雨の慕情』歌ったもんだから、周囲の大人は大爆笑。「あめあめふれふれ」ゆうたら「かあさんが」とちゃうんかい!それからというもの、しばらく盆正月の親族の集まりでは『雨の慕情』の余興で忙しかった。
なぜにこれほど大人たちに受けたのか、要は年端の行かぬ女児が不相応な歌を歌う、このギャップがおかしくてたまらんのであるのだが…それで言うのなら従妹のゆうちゃんも負けてはおらぬ。叔母のわっこさんが中島みゆきさんの大ファン。で、ゆうちゃん門前の小僧よろしくカラオケでちっちゃなお手々にマイク挟んで歌う歌う『やまねこ』「女に生まれて喜んでくれたのは菓子屋とドレス屋と女衒(ぜげん)と女たらし♪」っておいおい女衒って何たるか知ってるんかいな。まだまだ歌う「ひとり上手と呼ばないで♪」お風呂もひとりで入るのもままならない女児に『ひとり上手』はないやろ。
そんなゆうちゃんも今では、女に生まれて喜んでくれた素敵な旦那様をゲットし、玉の輿とも言えるほどの幸せな結婚生活をおくっとります。青桃はと言えば今では、天気を問わず雨が降ろうがあられが降ろうが槍が降ろうが灼熱の炎天であろうが「わたしのいい人つれてこい」と歌っとります。ひとり上手と呼ばないで、ピッチピッチチャップチャップランランラン~

今この瞬間を精一杯生き抜く


川島なお美さんが胆管癌でお亡くなりになりました。青桃の周りでもここ一、二年の内に若くして癌で亡くなった人が…
青桃の恩人ともいえる先輩が胃癌の為45歳で、組合員さんが前立腺癌の為47歳で、インディペンデント映画を撮っていた友人が膵臓癌の為42歳で、叔父が肺癌の為66歳で亡くなりました。医学が進んだといわれる現代でも癌はやはり死に至る病であることをつくづく思い知らされます。
この間癌で闘病中の親戚のあめんぼ兄さんがこんな言葉を教えてくれた。
「まだこない未来にあこがれて、とりこし苦労をしたり、過ぎ去った日の影を追って悔いていれば、刈り取られた葦(あし)のように痩(や)せしぼむ。過ぎ去った日のことは悔いず、まだこない未来にはあこがれず、とりこし苦労をせず、現在を大切にふみしめてゆけば、身も心も健やかになる。過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない。
今日すべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことこそ、よい一日を生きる道である。」(仏教伝道協会編『仏教聖典』)これは仏陀の訓(おしえ)なんだそうだが、病を得たことでその真意が実感として腹に落ちたのだそうな。
今のこの瞬間与えられたこの生を完全燃焼させていれば、必要以上に不安に駆られたり気が滅入ったりせずに平穏に過ごせるのだそうで。確かに…懐古や後悔したところで今更どうしようもない。期待や先憂したところでこの先どうなるかなんてわからない。過去や未来にとらわれて今をおろそかにするよりも、今この瞬間を精一杯生き抜く方がどんなにか充実した人生になろうか。
今日という生を日々紡いでいくことで人生というタペストリーが織り成されていく。あめんぼ兄さんにはあめんぼ兄さんのタペストリーが、青桃には青桃のタペストリーがある。今日はどんな糸を紡ごうか。

もしも月が存在しなかったら

中秋の名月。しかも月が最も大きく見えるスーパームーン。
先夜くもりガラスの向こう、あんまりおもてが明るいもんだから投光器で照射されとるんかいな、とうとう青桃も御用になるのかぁ、身に覚えはないが銃撃されて穴ぼこだらけになる前におとなしくお縄になるか(T_T)とアメリカテレビドラマの見過ぎかみたいな妄想をしつつ窓を開けてみるに…なんとまぁ神々しくもまん丸お~月様のお出迎えじゃあ~りませんか。銃を突きつけられなくとも潔くおもてへと投降しちゃいました。(^^;)

ところで、もしも月が存在しなかったら、地球の自転速度は今の3倍なんだそうで。
そんなに高速スピンされた日にゃ目が回って回ってぐるんぐるん…なんて冗談言ってる場合ではない。
自転による遠心力のおかげで地上のあらゆる物という物は宇宙空間へと振り飛ばされてしまう。大気も水もあった物ではない。電気洗濯機の脱水工程と同じ原理だ。嗚呼くわばら、くわばら(^^;)

兎にも角にも月のおかげで我ら地球の生き物は地球にとどまっていられる。月の存在に比べれば地上の出来事などすべて取るに足りない些細なこと。
天を仰いで月を愛でて自己の存在に謙虚になれれば、ほんのちょっぴり平和な世の中になるだろうに…
「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」この詩は中秋の名月を詠ったもの。古(いにしえ)より月は人々のロマンと神秘をかき立ててきた。さあ、のんびり月でも愛でよぅっと。たとえかぐや姫はいなくとも、兎が餅つきしていなくとも、月に代わってお仕置きしなくとも(^^;)。

せんばやしまち歩き知って得する散策ツアー


明日10月3日(土)は千林まちゼミいよいよ最終日。
有終の美を飾るべく体験イベント「せんばやしまち歩き知って得する散策ツアー」を始めとし全5講座が目白押し!さすがは千林、最後の最後まで山盛り天こ盛りでもうお腹一杯。(^^)
千林まちゼミに続きましては、10月9日(金)から12日(月/祝)までの4日間「千林商店街秋の味覚市ガラポン抽選会」が開催されます。千林商店街内で2000円のお買上げまたはご飲食ごとに1回抽選をお楽しみいただけます。
詳しくは千林商店街公式facebook https://www.facebook.com/senbayashi、千林商店街公式サイト http://www.senbayashi.com 迄。

秋の味覚市のガラポン抽選はとにかくよく当たるんです、いやホントに。もちろん空くじなし。はずれてしまってもがっかりしないように「うちくじ運悪いから…」なんて予防線と張りつつ、半ばあきらめ加減にガラポン抽選機を回すお客様も、落胆させませんよ~「ひゃ、当たったわ!」と顔がほころんでしまうこと請け合いです。(^^)
なんと言っても賞品が良い。秋の味覚市と言うだけあって、1等松茸、2等新米5kg、3等ビールセット・果物セット・お菓子セットのいずれか1つ、4等ラーメン5食セット・味付けのり・茶・調味料・お鍋の素・レトルト食品セットetc.の中から一つ。末等でもボックスティッシュやハンドタオル、駄菓子などなど実用本意の景品揃いで主婦には大助かり♪主婦でなくても大助かり(^^;)。
そして何より、千林商店街内各店舗持ち回りで抽選会場に当番に出ているんです。必ず千林商店街のどこかのお店のご店主あるいは従業員さんが抽選会場に出張ってて、お客様をお出迎えするというわけです。そこが千林商店街、ええ味出してます。抽選会場に訪れた際には、おそろいの赤いはっぴの顔ぶれにも目を配ってみてはいかがでしょう。お馴染みさん出くわすかも…10月の連休には是非是非千林商店街に訪れて、たんとお買い物してたらふく食べて運試ししてみてくださいませ~♪

夏の日の泡沫の思い出


台風21号。沖縄で観測史上最高の最大瞬間風速81.1mを観測されましたが。
16号、18号と台風が相次いで上陸後、日本列島を嘗めるがごとく北上し、あれほど強烈だった酷暑を一掃してしまった。
台風一過にわかに涼やかな初秋の風が立ち、朝晩は肌寒さを感じるくらい。いよいよ今年の夏も幕引きか…11日間連続で続いた猛暑日ですら嘘のよう、あまりの引き際の潔さに却って寂しさが募る。
と思いきや、ここに来てちょっぴり暑さがぶり返してきたのか昼間は汗ばむ陽気。残暑か…まあそれも悪くはない。今のうちに夏の名残を愉しもう。何でもない夏の想い出をひとつ。

小学生の頃のこと。
友達ん家のガレージでその家の息子こうちゃんと並んでラムネを飲んでいた。
青桃は戯れに飲みさしの瓶を日の光にかざしてみる。栓になっていたビー玉が陽光に照らし出され淡い碧瑠璃色(へきるりいろ)に輝く。
「この中のビー玉欲しいわ~」と瓶の口を覗き込んだり指先を突っ込んだりしてみる。
するとこうちゃん、ラムネを一気に飲み干すと空の瓶片手に振りかぶる。と、カールーフの柱目がけて力任せに投げつけた。硝子瓶は激しく音を立て砕け散った。まさかの事態に呆気にとられる青桃。
野太い金属音がキーンと余韻を漂わせていた。転がり出てきたビー玉を、こうちゃんは拾い上げると事も無げに青桃の掌(てのひら)にのせてくれた。ふたりはにんまりと顔を見合わせる。
破壊に伴う騒音や残骸といった不快感や、取り返しのつかないことをしてしまったという罪悪感。それとは裏腹のささやかな興奮と秘めたる狂気、ぞくぞくするような快感。相反する二つ感情が共鳴し合う不思議な感覚。物を壊す味を覚えた瞬間だった。
ビー玉は今でも大事に取っておいている。

光にかざして中を覗き見ると、硝子球に閉じ込められた気泡の数々がまるでラムネの炭酸泡みたく、今にもシュワシュワっと音が聞こえてきそうな。その泡ひとつひとつに夏の日の泡沫(うたかた)の想い出が、凍れる時が封じ込められている。炭酸あわ色ラムネ色。壊れることのない泡。消えることのない記憶。