スタッフブログ

魔物は心の内に巣食うもの

先日第3次安倍改造内閣が発足しました。注目ポストとして一億総活躍相なるものが新設され、担当大臣に加藤勝信衆議院議員が任命されました。
一億総活躍社会の実現に向けて『希望を生み出す強い経済』『夢を紡ぐ子育て支援』『安心につながる社会保障』の『新3本の矢』として掲げ、一億総活躍国民会議を設置するのだそうで。

そう言えば第1次安倍内閣では“愛国心教育”、第2次安倍内閣では“アベノミクス”なるものを打ち上げましたね。
あの時も青桃頭頂にクエスチョンマークが3本ほど立ったような???今回もまたぞろ煙に巻かれたかなぁ(^^;)。

煙に巻かれたと言えば、こんな不思議なお話が。
昔々のことじゃった。青桃のママとわっこさん(ママの妹)、トキコおばあちゃん(ママの母)の3人で植物採集兼ハイキングに出かけた時のこと。
季節はちょうど今くらい秋の行楽シーズン、場所は大阪近郊の某山。
入山口の道標を頼りに3人は和気藹々と山道を登っていった。秋の紅葉を楽しみながらしばらく行くと藪が開けたちょっとした平場に出た。そこで3人は昼食を取り植物採集をした。心ゆくまで自然を満喫し、さて帰途につこうと元来た道を引き返す。
が、行けども行けどもまたしてもさっきの藪の開けた平場に戻ってきてしまう。幾度もそんなことを繰り返していくうちに3人は次第に焦りいらだってくる。魔物は心の内に巣くうとはよくいったもの。イライラがピークに達しついにわっこさん「姉ちゃん、どないなってんの!」「あんたかてついてくるばっかりやのうて考えたらどないやのん!」とママ。険悪なムードが漂ったところで、トキコおばあちゃんが一か八か全く別ルートを行ってみようと提案。そこで3人はさっきまでとはまったく正反対の山道を下り始めた。途端俄に上空が真っ黒な厚い雲に覆われたかと思うと大粒の雨が!あたかも行く手を阻むかのごとく。土砂降りに視界を遮られながらも3人は必死のぱっちで山道を駆け下った。
見覚えのある入山口に辿り着いた時には雨は嘘のようにすっかり止んで、晴れ上がる秋空に戻っていた。元来た入山口に立ち戻ってみると、なんと道標が登る際に確認した方向とは左右正反対を指していたのだ。
つまり3人は目的地とは逆の行き止まりの道を登っていったことになる。
ふとトキコおばあちゃん、わっこさんのナップザックに目をやる。「あんたこれどないしたん?」付けていたはずの身代わりお守りが引きちぎられていたとか…

後に聞いた話ではちょうどその近辺で当時中年男性が首吊り自殺を図ったんだそうで。
彷徨っていたんでしょうか、地縛霊。「美女三人も拐かそうとはなんて厚かましい~」とうちのママ。なんてど厚かましい~(^^;)。
ちなみにその時採集した萩、トキコおばあちゃん家の庭先で今年も可憐な花を咲かせております。実に元気なこってす。まるで何かに憑かれているかのごとく…