スタッフブログ

聖母(マドンナ)たちのララバイ

東京五輪公式エンブレム使用中止へ。
ベルギー・リエージュ劇場のロゴと似ているとウェブデザイナーに著作権侵害で訴えられましたし…何だかんだ言っても、てっきりそのまま収束するものだとばかり思っていたのですが。(^^;)

著作権侵害というのは、物書きにとってはナーバスなお題目。無論自分の作品が盗作されたとなれば誠にけしからん。手塩にかけた我が子が何の断りもなく犯されたも同然、嘆かわしい話である。逆に盗作で訴えられたとくればそれはそれで一大事。まったく身に覚えがなければたまったものではない。
創作の現場で盗作は案外と日常茶飯事である。
有名な例だと、2010年上海万博公式PRソングがシンガーソングライター岡本真夜さんの『そのままの君でいて』に酷似していると盗作が疑われれた。『聖母(マドンナ)たちのララバイ』(火曜サスペンス劇場の初代主題歌)が映画『ファイナル・カウントダウン』(1980年米)テーマ曲の盗作であるのは周知の事実。最近では小保方晴子氏による博士論文盗用事件に代表されるように、コンピューターの普及でコピー&ペーストが容易になり学術界でも盗用が横行している。科学の信頼を失墜しかねないゆゆしき事態である。
いずれにせよまともな人間なら盗作した時点で気づくはず「自分には才能がない」と。盗作したところでいずれは化けの皮が剥がれる。仮にばれなくとも偽りの事実を胸に秘めたまま棺桶まで背負っていかねばならないし、何より虚飾に彩られた偽りの才能にいたたまれなくなるのではなかろうか。少なくとも青桃はそう思う。平気やから盗作するんやろなぁ。

盗作か否かの判定は、要は作品のアイデアがどこからインスパイアされたのかが問題の核心なのだそうで。青桃はヘビメタを聴いている時に『汀の砂』のアイデアが閃いた。ロックバンドから訴えられたらどうしよう。『子供たちの午後』は自転車走行中に構想を練った。自転車メーカーから訴えられたらどうしよう。『新クニウミ神話-ZONE-』ではボウリングの最中に創作の神様が降臨した。ボウリング場から訴えられたらどうしよう。(^^;)
それはさておき東京五輪はどうなっちゃうんだろう。新国立競技場は建てられない。その上エンブレムまで白紙に。これじゃもう丸裸。裸一貫で出直しますってか。オ・モ・テ・ナ・シ!からやり直します?