調剤における創意工夫

お薬を出すまでの道

お客様の処方せんをお受けいたしますと、一件の処方せんにつき次の三つの工程があります。

1.保険登録

IMG_2998

 

まず、お客様が健康保険の適応を受けられますよう、お客様の保険を登録いたします。迅速に対応できますよう、専用コンピュータを導入しております。
同時に、お薬の服用管理にお役立ていただけますよう、お客様に提供いたします「お薬手帳」と「薬剤情報」を発行いたします。
初めてご来店のお客様には、登録に多少お時間をいただくことがございます。
どうぞご了承ください。

2.調剤

IMG_2988

 

つぎに、お客様がお持ちになりました処方せんにしたがい、調剤を行います。
安全かつ正確にお薬をお渡しできますよう、薬剤師が最も注意を払う工程です。
お子様の粉薬や水薬の調剤、長期・多剤処方の調剤、一包化調剤には、多少お時間をいただくことがございます。
どうぞご了承ください。

3.服薬指導

ko

 

調剤を終えましたら、お客様に、お薬と、先ほど発行しました「お薬手帳」「薬剤情報」をお渡しし、お薬の効能や服用方法についてご説明いたします。
お客様が安心してお薬を服用していただけますよう、親切かつ丁寧な服薬指導を心がけております。
その際、お客様からのご質問・ご要望にも随時対応いたします。どのような些細なことでも、何なりとおたずねくださいませ。 薬剤師が誠意をもってお答えいたします。
後発品(ジェネリック)にも対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。